奥野農園

奥野農園の直売所

奥野農園の直売所

 河北潟干拓地内の「メタセコイア並木路」を抜けてさらに干拓地を奥に入ったところに、「奥野農園」があります。農薬や化学肥料に頼らない、自然の生命力を生かした美味しい野菜作りにこだわる農園です。
 同農園のすごいところは、環境に配慮した農業を目指していることです。農薬や化学肥料を使わないことは、河北潟の水質浄化につながります。また、収穫された野菜の残りカスである外葉(がいよう)や芯(しん)などを堆肥(たいひ)化し、再利用しています。さらに、自前の浄化装置で、汚濁(おだく)した河北潟の水を浄化したきれいな水を農業用水として使っています。この浄化装置には珪藻土(けいそうど=珪藻の遺体が海底や湖沼の底などに沈殿してできた堆積物)と発泡ガラス、それに加えて微生物資材が使われています。このように、自然の力を最大限に生かしながら、土と水にこだわった安全で美味しい野菜を提供しています。
 同農園は、石川県が公認する「じわもん(地元で作られた野菜や果物、米)ファーマー」として登録されています。直売所では、同農園で採れた新鮮な無農薬野菜を購入できます。収穫体験や料理教室などを開催し、情報発信や地域交流に積極的に取り組んでいます。また、北中条のフレンチレストラン「ビストロ・カズ」では、同農園で収穫された野菜が使われています。

所在地 〒929-0328 石川県河北郡津幡町字湖東344
お問い合わせ先 奥野農園
電話番号 076-289-7610
ホームページ http://www.okunonouen.com
アクセス JR津幡駅から「津幡駅前」交差点を左折し、県道59号線に入ります。「太田」交差点を右折し、そのまま直進します。河北潟東部承水路に架かる「湖南大橋」を渡って右折し、しばらく行くと、左手に「河北潟干拓土地改良区」の案内板が見えます。そこを曲がり、農道奥に見えるメタセコイアの並木道を過ぎると、T字路に出ます。そこを左折し、右手に見える「西部承水路」に沿って進むと、左側に「奥野農園」があります。



その他のキーワード
関連する観光スポット
関連する観光イベント