舟田商店

老舗の味噌屋「舟田商店」

老舗の味噌屋「舟田商店」

 JR本津幡駅近くの庄町商店街に、老舗の味噌屋「舟田商店」があります。町屋風の商家の店構えから分かるように、1862(文久2)年創業の「加賀マルフネ味噌」の醸造元です。現当主7代目が、昔ながらの伝統製法で加賀味噌を作っています。
 舟田商店の一押し商品は、無添加味噌・天然醸造味噌「美水」で、昭和天皇にも献上されました。店内の味噌は全て手作りで、国産原料にこだわり、今も木樽で仕込みを行っています。味噌の仕込みは、ナシの花の咲く頃(5月)に行われます。ユニークな商品パッケージには、津幡町出身の木版画家、谷内正遠氏のイラストが使われています。
 同店舗前の県道218号の拡幅(かくふく)工事の際に、沿道の民家のほとんどが取り壊される中、舟田商店の家屋は取り壊さずに敷地内後方にずらして再築されました。築100年ほど経つ古民家の母屋と味噌蔵、原料蔵が、当時の面影を色濃く残しています。代々、同家に伝承されてきた福帳(ふくちょう=和紙に墨で書かれた売買勘定の元帳)は、表具屋の襖(ふすま)張りなどに使われたことから、残念ながら今ではほとんど残っていません。
 事前にご連絡いただければ、味噌蔵見学が可能です。

所在地 〒929-0327 石川県河北郡津幡町字庄ウ13
お問い合わせ先 舟田商店
電話番号 076-289-2031
ホームページ http://www.shokokai.or.jp/17/1736110017/index.htm
アクセス JR津幡駅から「津幡駅前」交差点を曲がらずに直進し、次の「南中条」交差点を右折し、旧北陸道の町道に入ります。そのまま直進し、正面に見える「おやど橋」を渡ると、「四ツ角」交差点に出ます。その交差点を左折し、しばらく行くと、左側に「舟田商店」があります。



その他のキーワード
老舗   見学   古民家  
関連する観光スポット
  
関連する観光イベント