新幹線の見える丘公園



新幹線の見える丘公園は津幡町字旭山の旭山工業団地内にあります。
旭山工業団地は丘陵地にあり、新幹線高架より高い位置にあります。
新幹線の見える丘公園では明神トンネルから杉瀬トンネル間の約1.3キロを見渡せ、最高時速260キロで走る新幹線の通過の様子を約17秒間も眺めることができる人気スポットとなっています。
◆1992年(平成4年)に「旭山2号公園」として工業団地内の憩いの場として造られましたが、北陸新幹線の建設で「隠れた眺望地点」として徐々に話題になり、2014年(平成26年)7月に公園名を「新幹線の見える丘公園」に改称しました。
◆2014年(平成26年)9月より、これまで視界を遮っていた周囲の斜面の樹木を伐採し、10台分の駐車スペースやトイレを新たに設置する改修工事を行い、北陸新幹線金沢開業前の2015年(平成27年)3月4日に一般開放を再開しました。
公園には安全に見物できるように顔の高さを開口した、高さ3メートルのフェンスを新設し、「ILOVEつばた」の発光ダイオード(LED)ネオンサインを取り付け、展望広場にある案内看板には、北陸新幹線の通過予定時刻が掲載されています。

所在地 〒929-0447 石川県河北郡津幡町字旭山40番1
お問い合わせ先 津幡町都市建設課公園緑地係
電話番号 076-288-6702
ホームページ http://www.town.tsubata.ishikawa.jp/soshiki/toshikensetsu/oshirase_shinkan.html
アクセス 津幡町市街地から県道217号線を倶利伽羅方面に進みます。途中踏切を通過し陸橋を越えます。「浅田」の信号を斜め左方向に進み「中尾」方向へ右折します。しばらく直進し、新幹線の高架下を過ぎたら、すぐ右折します。しばらく進むと右手に公園があります。



その他のキーワード
関連する観光スポット
  
関連する観光イベント