不動ヶ池

倶利迦羅不動寺発祥の池「不動ヶ池」

倶利迦羅不動寺発祥の池「不動ヶ池」

 津幡町倶利伽羅地区の倶利迦羅不動寺の不動ヶ池(ふどうがいけ)は、不動寺境内の奥之院に奉安された「倶利迦羅不動尊」発祥の池で、かつては地下水が湧き出ていました。(現在は池が枯渇しているため、水道水により復元されています。)歴史国道「北陸道」を挟んで、向かいの駐車場から下りたところに不動ヶ池があります。石仏の不動尊像が納められたお堂があり、本尊「倶利迦羅不動明王(ふどうみょうおう)」と合わせて参拝者が多く訪れます。
 倶利迦羅不動寺の縁起によると、718(養老2)年にインドの高僧、善無畏三蔵(ぜんむいさんぞう)法師が国内に仏教を広めるために倶利伽羅を訪れ、祈願したところ、不動ヶ池の中から黒い龍(倶利迦羅不動明王)が天に昇ったといわれ、その姿を彫刻し奉安されたという由来があります。
 古くから残っている伝説では、その昔、不動ヶ池に大蛇がおりました。その大蛇は毒気を吐いては旅人を困らせていました。718(養老2)年、インドの高僧、善無畏三蔵がこの倶利伽羅へ仏教を教え広めるために訪れた時、この話を聞き、大蛇の被害を防ごうとお祈りをしました。すると明け方の空から宝剣が池の中に降ってきて、大蛇に突き刺さりました。大蛇はひどく怒ったような顔つきで、宝剣が突き刺さったまま天に昇っていったそうです(倶利伽羅地区の伝説「倶利伽羅権現・不動池」の話より引用)。

所在地 〒929-0413 石川県河北郡津幡町字倶利伽羅
お問い合わせ先 倶利迦羅不動寺 山頂堂
電話番号 076-288-1451
ホームページ http://www.kurikara.jp
アクセス JR津幡駅から「津幡駅前」交差点を右折し、県道59号線に入ります。「白鳥橋詰」交差点を右折し、「浅田陸橋」を超えると、「浅田」交差点に出ます。そこを左折し、倶利伽羅方面に進み、「坂戸」交差点を過ぎると、「倶利迦羅不動寺3km」の案内版が立つ三叉路に出ます。そこを右折し、倶利伽羅峠に続く上り坂を進んでいくと、山森集落の入口で、この坂道は歴史国道「北陸道」と重なり、倶利伽羅山頂まで続きます。山森、倶利伽羅の集落を過ぎると、左手に「倶利迦羅不動寺」入口が見えます。その向かい側にある「倶利迦羅不動寺」の駐車場から、「不動ヶ池」に下りる参道の階段があります。



その他のキーワード
関連する観光スポット
関連する観光イベント