祐閑寺名月

樹齢200年のツバキの名木「祐閑寺名月」

樹齢200年のツバキの名木「祐閑寺名月」

 椿の里として知られる津幡町笠谷地区の倉見区に、ツバキの名木「祐閑寺名月(ゆうかんじめいげつ)」で有名な祐閑寺があります。ごく早咲きの一重白ツバキで、樹齢200年以上と推定されています。仲秋の名月の頃に咲くことから、「祐閑寺名月」と呼ばれています。開花期は9月末から翌年4月までと長く、初期の花は茶人から愛好されています。祐閑寺では、毎年10月の中秋の名月に、祐閑寺名月椿観賞会が開催されます。
 祐閑寺名月椿保存会が設立されており、毎年4月の第1日曜〜月曜日に、町内のツバキが一堂に集められた椿展が開催されます。祐閑寺付近では、深紅の花を付ける「専修庵(せんしゅうあん)」、ウェルピア倉見の庭に咲く「遅日(ちじつ)」や「湯座屋(ゆざや)」、倉見八幡神社にはヤブツバキの老木があります。
◆1981年(昭和56年)8月1日 津幡町文化財(天然記念物)指定
 『河北郡誌』によると、祐閑寺は蓮如(れんにょ)の3男蓮綱(れんこう)が能美郡波佐谷に創建した松岡寺の流れをくむ寺院と伝えられています。享禄年間の兵火で焼失した後、1571(元亀2)年に河北郡銚子口(現金沢市)に移って祐閑寺と称し、1656(明暦2)年に倉見村に移転し、1671(寛文11)年に現在の地に再興されました。1780(安永9)年2月には、蓮如ゆかりの寺院として、同地区の笠池ケ原区にある「蓮如上人お手植えのイチョウ」公園に、石碑「蓮如上人御旧跡」を建立しました。

所在地 〒929-0455 石川県河北郡津幡町字倉見タ207
お問い合わせ先 祐閑寺
電話番号 076-289-2570
ホームページ
アクセス 津幡町市街地から県道218号線に入り、鳥越方面に向かいます。左手に見える「倉見口」バス停を過ぎると、Y字路に出ます。そこを「津幡運動公園」方面に右折し、「杉瀬境橋」を渡ってすぐに左折します。そのまま県道218号線を直進し、しばらく行くと、左手に「祐閑寺名月」の案内板が見えます。県道を挟んで、「祐閑寺」の向かい側に駐車場があります。



その他のキーワード
関連する観光スポット
関連する観光イベント