ジャンル 【伝説】 で検索した結果

 検索結果 55 件中 31から40番目を表示 
<< 前へ 0||1||2||3||4||5 次へ>>

加茂神社と桂清水
 津幡町英田(あがた)地区の加茂区はその昔、京都の賀茂神社の荘園で、ここで採れた米を京都まで運んでいたといわれています。その関係で、後にこの地に加茂神社が建てられ、加茂と呼ばれるようになりました。加茂.....続きを見る>>

御門屋敷跡と龍ヶ口井戸跡
 津幡町英田(あがた)地区の能瀬、御門(みかど)の両区は順徳上皇(じゅんとくじょうこう)ゆかりの地で、それにまつわる伝説が残っています。  1221(承久3)年、承久(じょうきゅう)の乱に敗れた順徳.....続きを見る>>

御門屋敷跡と龍ヶ口井戸跡
広済寺の聖徳太子像
 津幡町英田(あがた)地区の領家(りょうけ)区にある広済寺(こうさいじ)には、聖徳太子にまつわる伝説が残っています。現在は修正会(1月1日)と太子御忌(たいしぎょき=3月21・22日)にご開帳があり、.....続きを見る>>

広済寺の聖徳太子像
山王神社の老杉
 津幡町英田(あがた)地区の能瀬区にある日吉神社は、古くは「山王さん」と呼ばれ、1587(天正15)年8月に内灘の小濱(おばま)神社より遷座(せんざ=神仏の座を他の場所に移すこと)されました。同神社の.....続きを見る>>

山王神社の老杉
八幡神社のイヌシデ
 津幡町英田(あがた)地区の小熊(こんま)区に、イヌシデの巨木で有名な八幡神社があります。津幡町にはイヌシデの巨樹が非常に多く、中でも同神社には高さ20メートル、幹周り3.7メートルを誇る県内第1位の.....続きを見る>>

八幡神社のイヌシデ
御膳石
 津幡町河合谷地区の瓜生(うりゅう)区にはその昔、瓜生を通って氷見に行く道「氷見往来」があり、宿駅(しゅくえき=街道沿いの集落で、旅人を泊めたり、荷物を運ぶための人や馬を集めておいた宿場のこと)「瓜生.....続きを見る>>

御膳石
三国山社
 石川県森林公園の三国山キャンプ場がある三国山(みくにやま)は、津幡町英田地区の興津区と同町河合谷地区の下河合区、及び小矢部市の嘉例谷(かれいだに)にまたがる標高 323.7メートルの山で、その名は加.....続きを見る>>

三国山社
十八匁山
 津幡町河合谷地区の瓜生(うりゅう)区には、金山にまつわる伝説が残っています。慶長年間(1596〜1615年)に村の奥地、黒岩地内に金山が発掘され、今もあちこちに穴跡が残り、それぞれ何匁山(なんもんめ.....続きを見る>>

十八匁山
濁澄橋
 津幡町河合谷地区の上大田区からかほく市を経て宝達志水町に向かって流れる大海川(おおみがわ)に、「濁澄橋(にごりすみはし)」が架かっています。この辺り一帯は古くから「餓鬼ヶ首(がきがくび)」と呼ばれ、.....続きを見る>>

濁澄橋
端の宮
 津幡町河合谷地区の上大田区からかほく市に向かう国道471号から入ったところに、「端の宮(はなのみや)」の石碑が建っています。この「端の宮」の森には、ヤブツバキやコブシ、シロダモ、ウワミズザクラ、ミズ.....続きを見る>>

端の宮
 検索結果 55 件中 31から40番目を表示 
<< 前へ 0||1||2||3||4||5 次へ>>