【春】能瀬川公園桜まつり

桜が満開の能瀬川をパレードする花嫁道中

桜が満開の能瀬川をパレードする花嫁道中

 毎年4月中旬に、両岸のソメイヨシノ約100本が満開の能瀬川で桜まつりが開催されます。
 津幡町能瀬地区の町おこし住民グループ「能瀬川公園観桜会(かんおうかい)」が主催するこの桜まつりは、同地区で「順徳さん」として親しまれる上皇伝説をテーマに、順徳上皇の船上パレードで幕を開けます。最大の見物である「花嫁道中」では、和装の新郎新婦に米俵3俵と長持ちを乗せた屋形船が、桜舞う能瀬川をゆっくりと進みます。
 順徳上皇と新郎新婦を乗せた屋形船は、町所有の「ひふみ丸」で、当日は乗船体験も行われ、水上からも花見を楽しむことができます。会場ステージでは歌謡ショーや各種芸能が披露され、餅つき大会も行われます。
 能瀬川には、昔から口づてに伝えられてきた「河童伝説」が残っています。屋形船を運航する同まつりでは、水難事故防止のために、以前は好物のキュウリを供えて河童に安全祈願をしたそうです。

所在地 能瀬川公園(津幡町能瀬大橋付近広場)
お問い合わせ先 「能瀬川公園観桜会」会長 板坂勝義さん
電話番号 076-289-2470
ホームページ 津幡町観光ボランティアガイド「つばたふるさと探偵団」ブログ「能瀬川公園桜まつり」
http://tsubatakankou.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
アクセス



その他のキーワード
関連する観光スポット
関連する観光イベント